Link

YHS-11

Leaflet for Print


yhs-11yhs-11

yhs-11



オートサンプラにセットされた試料は、清浄空気をキャリアガスとした燃焼管に導入され、完全燃焼します。生成した燃焼ガスは吸収ユニットで捕集され、測定液として回収されます。吸収液は自動でイオンクロマトグラフに注入できます。yhs-11
イオンクロマトグラフでは、試料中の各ハロゲン、硫黄を分離定量し、試料の含有率として計算されます。


  • 有機微量元素分析の超微量化
    微量分析(1~10mg)と併せて、超微量分析(0.1~1.0mg)が可能です。
  • 分析の高速化
    燃焼及びクロマト展開を含め、流れの中で一時間当たり5~6検体測定できます。
  • 多元素同時分析
    酸化・還元系吸収液(特許)により、F/Cl/Br/I/S の5元素を一斉分析します。
  • 多元素含有燃焼標準
    JIS規格の有機検量線法に対応するため、多元素を含有する高純度有機標準試料(NAC-st1, NAC-st2, NAC-st4:特許)が完備されています。
  • 公定法準拠
    JIS K0127(イオンクロマトグラフィー通則)を始め、現行公定法のいずれにも準拠しています。
  • 試料ボートの使い捨てが可能yhs-11
    安価な市販磁性ボート(100円台)を使用し、また燃焼後残渣は回収機構により全て回収されるので、他の測定(蛍光X線、ICP-MS等)に供することが可能です。
  • 大幅なランニングコストの削減
    ボンベ入りガス(アルゴン、酸素)の代わりに清浄した空気を用いるので、高価な不活性ガス及び酸素ガスは不要で、どこにでも装置を移動することができます。

助燃ガスが室内の空気ならば安全で経済的である反面、時として汚染されたガスの混入で、バックグラウンドが上昇して安定した精度の測定が困難になります。このシステムは標準装備として内蔵しており、吸引空気を予め加熱処理し、ハロゲン及び硫黄成分を除去し、高感度測定に対応できる空気をフロー状態で供給することができます。

yhs-11
yhs-11

検量線作成用標準試料として、以下の3種類の資料が準備されています。yhs-11最大5元素を10分以内に溶出し、同時に検量線を作成するため、分析の大幅な効率化と省力化が可能です。また、装置や燃焼条件の評価として、回収率、再現性などを指標とした測定条件の確認(バリデーション)にも有効です(特許)。


              <NAC-st4の燃焼に伴う検量線>
yhs-11
5種イオンの検量線は、いずれも相関係数(r2)が0.999以上の良好な相関性を示しています。

<燃焼生成物のイオンクロマトグラム> <NAC-st4燃焼生成物のイオンクロマトグラム>

yhs-11yhs-11