Link

米国Exeter Analytical, Inc. 社製の有機微量元素分析装置です。
EAI社は、自動有機元素分析装置のパイオニアとして、海外メーカー唯一の横型装置を50年以上製造し続けております。
ハロゲンやアルカリ金属などの妨害元素を含有した試料でも、標準仕様で精度の高い分析結果が得られるとご好評をいただいております。あらゆる試料で最高のパフォーマンスを提供いたします。

Leaflet for Print

CE-440M


横型装置のメリットを活かせる白金製のボート型試料容器を用いて、灰分測定も可能な手動モデルです。

CE-440MA


CE-440MAに1試料自動挿入装置(CE-440SAI (Single Sample Automatic Injector))を追加したモデルです。

CE-440F


CE-440Mに、64試料連続自動測定用オートサンプラを追加したモデルです。

  • 迅速分析: 5分(CHN)
  • 横型密閉燃焼方式
  • 純酸素雰囲気での完全燃焼
  • 差動熱伝導度測定方式
  • 高い再現性/精度/感度
  • 低いランニングコスト
  • Windows PCによる簡単操作
  • 灰分測定(CE-440M)
  • 64試料連続自動測定(CE-440F)

  • 試料を入れた容器は手動または自動で横型燃焼炉へ導入されます。
  • 純酸素中で完全燃焼されます。燃焼温度はスズカプセルを使用すると発熱反応により1800℃以上となります。燃焼ガスはタングステン酸塩/酸化マグネシウム/酸化銀などの試薬各層を通り、ハロゲン、硫黄、リンなどが取り除かれ、CO2、H2O、N2及び窒素酸化物となります。
  • さらに還元銅を通過することで、窒素酸化物はN2に還元され、余分な酸素も取り除かれます。
  • その後、恒温恒圧下で均一化されます。
  • 均一化されたガスは、3組の熱伝導度検出器に送り込まれ、最初にH2Oが除去され、その差が水素量として検出されます。次にCO2が除去され、その差が炭素量として検出されます。最後に残ったN2ガスが窒素量として検出されます。
  • 硫黄(CHN同時測定)と酸素は、それぞれ専用の燃焼管と還元管等に交換して測定します。

測定例1:ベンゾカイン C9H11NO2



英国王立化学会の微量分析グループユーザーズフォーラムで、2004年に性能評価共同分析用サンプルの精度確認データとして使用されたものです。21機関が参加し、データ品質の上位5機関のうち、4機関がCE-440を使用していました。

測定例2:フッ素、ケイ素含有の難燃性化合物

難燃性化合物で良好な結果を得るためには、助燃剤添加・酸素増量・燃焼時間延長など、装置に合わせた様々な工夫が必要となります。従来の装置でどのような工夫をしても許容精度内に収まらなかったような難しい試料でも、CE-440では標準の燃焼条件で精度の良い結果が得られます。

1)試料名:C18H9F12O3P
  理論値:C=40.62%, H=1.70%, N=0%, F=42.84%, P=5.82%
  測定結果:他社横型装置では、フッ素の影響で窒素が含まれていない試料でも、
  あたかも存在するような結果となったが、CE-440ではすべて許容誤差範囲に
  入っています。

2)試料名:オクタフェニルシクロテトラシロキサン (Octaphenylcyclotetrasiloxane)
  理論値:C=72.68%, H=5.08%, Si=14.16%
  測定結果:ケイ素含有化合物であるが、再現性の高い結果が得られました。

< 備考 >
・装置の作動には別途以下が必要となります。
 ヘリウムガス(99.995%以上)、酸素ガス(99.995%以上)、ガス用減圧弁及び導管。
 ミクロ電子天秤。
・酸素分析キット、硫黄分析キット他、別売製品はお問合せください。